賃貸経営、賃貸管理の日本AMサービス

不動産価値「最大化」の実現へ|賃貸経営,賃貸管理,投資用不動産の価値を追求します

サブリースも難しい

サブリースも難しい

こんにちは日本AMサービスの堂下です。

賃料減額、業者とトラブル アパート一括借り上げ「サブリース契約」

http://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2017050402000006.html
中日新聞

「空室リスクが心配で・・・」

そこで現れたのがサブリースなのですが、
いよいよ本当の姿が現れてきたのでしょうね。

一昔前でしたらどちらかと言うと貸手有利の市場でしたので、

サブリース会社も空室リスクは許容できていたのでしょうね。

今では建築を絡めないサブリース会社もあまり聴かなくなってきました。

いよいよサブリースだから安心という市場ではなくなってきました。

〇〇建託、〇建コーポレーション、〇化成などの会社も同様の事を行っているのですが、

簡単な仕組みを言うと建築+サブリースで30年もの間の家賃保証を行っています。

一見オーナーが相当得なのではと思いますが、

裏では・・・

建築費で利益をとり

サブリース保証賃料と実際の賃料の差額で差益をとり

さらに原状回復工事なので多額の費用を大家に請求したりしています

要は表面上で安心させて裏では暴利をむさぼるという形になっているのだと思います。

こうしておかしいなと思う「サブリース賃料減額」も

消費者がネット等で知識を付けて反論できるようになったと言う事ではないでしょうか。

こうした問題が明るみに出る事は非常に良い事だと思います。

大手だからと安心感を与えておいて実情がこれでは、、、、

サブリース会社もそう簡単には儲かるような市況でなくなったと言う事実でもあります。

コメント



認証コード5539

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional