賃貸経営、賃貸管理の日本AMサービス

不動産価値「最大化」の実現へ|賃貸経営,賃貸管理,投資用不動産の価値を追求します

潮目の変化

潮目の変化

こんにちは日本AMサービスの堂下です。

不動産価格もピークを過ぎた感もする今日この頃ですが、

久しぶりに気になる記事が、、、、

頭金ゼロで不動産投資を始めた人が見る地獄
ローンで大部分を賄うのは綱渡りの運用だ
http://toyokeizai.net/articles/-/140765

少し前まで「マイナス金利なので投資のチャンス」
だから投資をしよう、なんて記事が多くありました。

最近不動産関連の書籍を見て

潮目が変わる瞬間を感じます。

当然物件によって投資方法によって違いはあるものの

日本AMサービスでは「素人」が「新築ワンルームマンション」などを

頭金ゼロで投資するのは危険と以前よりも警笛を
鳴らしておりました。

しかも今回の不動産投資ブームは億単位で借入を行い

頭金0で投資をしているサラリーマンが本当に多くいという事実があります。

年収の10倍以上の借入をさせられています。

今できる限りの対策を打っておいた方がよさそうです。

日本AMサービスが考える危険な不動産投資指標は

表面利回り10%を超えているが
フルローンで購入をしており、収入の7割を超える元利金返済

減価償却費、支払利息を除く経費が収入の2割

簡単に言うと毎月の収入が経費、元利金を支払い
1割も満たない投資は大変危険な状態です。

その様な物件は既に耐用年数が経過まじかで築年数が古く

今後運用を行っても修繕費が多くかかってしまうと
言う現実だけが待っています。

また購入した時から減価償却の残存期間が経過する
4~6年後には恐ろしい事が発生すると思います。

しっかりと現状を見極める様にして下さい。

コメント



認証コード3555

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional