賃貸経営、賃貸管理の日本AMサービス

不動産価値「最大化」の実現へ|賃貸経営,賃貸管理,投資用不動産の価値を追求します

純資産を考える

純資産を考える

こんにちは日本AMサービスの堂下です。

個別相談で良く聴かれるのが不動産投資はどんな得があるのかです。

その際に私は「不動産投資は会社経営と同じです」とお伝えしております。

どういう事かと言うと、

会社の価値は「株式価値」つまり純資産がいくらで、将来の利益がどの位でるかで、

株式価値が決まってきます。
純資産は簡単に言うと資産から負債を差し引いた額
将来の利益は会社の運用方針などできまってきます。

毎年獲得した利益から負債を返済する事により純資産が増えて行く事となります。

これは不動産投資も同様に毎月賃料収入から費用を差し引いて、

残ったお金が皆様の利益となり、ここから金融機関に借入の返済を行います。

不動産投資も企業と同様にできる限り多くの収益を稼ぎ、

できる限り費用を抑えて不動産、企業の価値を高める事ができます。

こうした考えが不動産投資の基本的な考えであり、こうした考えの応用が

借入比率や減価償却などの資産効率を高める方法へと繋がります。

改めてこの部分に関しては説明をさせて頂きます。

コメント



認証コード5876

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional