賃貸経営、賃貸管理の日本AMサービス

不動産価値「最大化」の実現へ|賃貸経営,賃貸管理,投資用不動産の価値を追求します

マイナス金利

マイナス金利

こんにちは日本AMサービスの堂下です。

先日、マイナス金利が導入されました。
一般の方には何の事かわかりにくいと思いますが、
その影響でメガバンクが預金金利を下げ始めています。

もう銀行に預けても引出手数料が取られるのに、預金金利はさらにゼロに近くなりました。

なぜマイナス金利になると銀行の預金利息が下がるのか、簡単に説明させて頂きます。

メガバンク等は日銀に口座をもち、口座には決められた額の預託が必要です。

この預託額に基づきマイナス利息、つまり預けていると逆に日銀に利息を支払う必要がでてきます。

つまり銀行としては収入がへり支出になるという事です。

今までは日銀に預けていれば(これは皆さんから預かった預金)利息がついて

その利息から皆さんに日銀から得た利息よりも低い利息を払い、
その差額で銀行は黙っても潤っていたわけです。

これがなくなるという事は当然の事ながら、出る費用
(皆さんへの利息の支払い)を

少なくするのは当然です。

何のためのマイナス金利にしたかという部分に不明点が多いですが、
表面上の一般的な考えでは日銀が預金ばかりせずに、
企業等に貸し出しを回して市場にお金を出して景気を上げろなんでしょうが、

企業は既に資金余剰主体で銀行から融資を受ける必要がない状態なので借入が増える事は
あまり考えられません。

また急にお金を銀行が貸し出す所が増えるわけでなく、急に銀行がリスクを取ると言う
事も考えにくいです。

実はこのお金を国債の購入に回すというのが本音の様ですね。

前置きが長くなりましたが、一部の不動産業者さんがマイナス金利で

不動産を購入するチャンスだと言っておりますが、ここまで上がり切った不動産を

低金利で購入するという事は、買えない物を買えたと言い換えることができ、

特に変動金利で購入をした場合、これから金利が下がるよりも上がる可能性が高いので

当初予定していたローンシミュレーションでの返済はできなくなり、

また極論を言うとローン返済に困ってしまい売却となっても割高で購入した物件なので、

ローン元本を返済できる金額では恐らく売却ができない事になると思います。

先日、会社用の保険に入ろうと思ったのですが、営業マンはマイナス金利で

「皆さんの預金もマイナスになる可能性があるから・・・・」

と営業トークをしてきました。

もしそんな事が起こったら預金がなくなり銀行は破綻します。

買い煽りに惑わされずに皆様は冷静に意思決定して頂けたらと思います。

これは実需不動産も投資用不動産も同様です。

コメント



認証コード3477

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional