賃貸経営、賃貸管理の日本AMサービス

不動産価値「最大化」の実現へ|賃貸経営,賃貸管理,投資用不動産の価値を追求します

賃貸募集について

賃貸募集について

日本AMサービスの調査による空室の3大要因
・適正な募集広告が行われていない
・適正な募集条件で募集が行われていない
・物件の管理状態が悪い

ここでは賃貸情報の効率化について考えてみます。
以下には情報の伝達方法の一例を記載しております。

  • 一般的な物件の場合

賃貸フロー

一般的な物件の場合、大家さんから管理会社に依頼をして管理会社がどの様にリーシング活動を行うかは任せきりになっています。
管理会社によってはREINS、ATBBに登録をしていなかったり、登録はしているが図面を登録していなかったり、図面が汚かったりします。
宅建業法上では一般媒介契約の場合は登録義務がありませんので、管理会社に言わない限り情報開示(REINSの登録証明を入手しましょう)は有りません。専任媒介契約の場合は登録と業務報告の義務があります。
本来であれば綺麗な図面を作成して、しっかりと図面を登録するのは当然の事ですが、こうした事が行われていない場合が多いのも事実です。客付業者さんは図面等がしっかりとした物でない場合、お客さんに紹介をしないのは言うまでもありません、その結果情報がエンドユーザーへ届いていない可能性が非常に高い事になります。
また汚い図面で物件を紹介されても、お客さんサイドも見向きもしません。そして管理会社によっては大家さんからもらう広告料を自社で何もせずに受領をしようとしている管理会社も非常に多いです。
これだけで物件の紹介の間口が狭くなり、内覧が減る事となってしまいます。こうした適当な業務を行いながらも、申込みがあると「やっと入った申込みなので決めてしまった方が良い・・・」賃料等の条件交渉があっても決めさせようとする管理会社が多いのが現状です。見えない部分でこうしたロスが発生しているのは、大家さんにとって致命的な問題です。
この様な管理方法により長期空室、良い入居者がつかない、条件交渉に応じざるを負えなくなっているのが現状です。

必要な事は現状を把握し、最適な募集条件を設定して適切な図面、しっかりとした情報開示を行う事が重要です。

  • REIT物件、ブランド物件の場合

賃貸フロー2
REIT、ブランド物件の場合の賃貸募集はしっかりとした体系化が出来ています。
管理会社は管理契約により報告義務を負っているので、毎期リーシング報告を行う事となります。そのため募集依頼先をしっかり選定し、また貸主から支払われる広告料を募集を行った会社に支払う形になっているため、募集会社にもインセンティブが発生します。
また情報の発信が適正で募集会社がいつでも空室状況を確認できるサイトがあり、図面をすべて登録されています。また適時適正なタイミングでキャンペーン等を行い、お客さんにも得となる条件を提示しています。
こうした効率性から生まれるのサービスが仲介手数料無料という手法です。これは募集会社が貸主側から「広告料が明瞭(管理会社がこの部分を取らない)」「情報開示が明瞭(自社で図面を修正する必要がない)」「顧客にも良い条件(礼金0、フリーレントキャンペーン)」という条件がそうさせているのだと思います。

遠回りすればするほど、情報が歪み機会損失が大きくなります!!

こうした情報の流れをつかむ事により、エンド市場へどの様にアクセスをしていけば良いかを物件に応じた方法を策定させて頂きます。

賃貸募集成功の3つの方法
①情報を遠回りさせない
②情報の信頼性を確保する
③幅広い広告手法

30項目チェックシート

ご相談は無料にて行っております。お気軽にお問い合わせ下さい。

相談

賃貸管理について
売買について

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional