賃貸経営、賃貸管理の日本AMサービス

不動産価値「最大化」の実現へ|賃貸経営,賃貸管理,投資用不動産の価値を追求します

事例⑧手一杯の管理会社

事例⑧手一杯の管理会社

今回のご相談は地元で昔ながらの不動産屋さんに賃貸管理を委託されている方からのご相談になります。

空室が発生して6ヶ月近く経過しているにも係らず、未だ空室が埋まらず、管理会社からも報告等が一切ないとの事です。

早速、日本AMサービスにて調査をさせて頂きました。
まず業者用のサイトに登録があるか確認をさせて頂いたのですが、情報はあるものの、物件の図面や写真等がまったく登録されておりませんでした。また、ポータルサイトへの掲載も全くされておらず、エンドユーザーに情報が届いていない物件になっていました。

物件の立地、築年数、賃料も悪くないにも関わらずこうして空室が放置されていました。

それではお客さんが決まらないのは当然です。現地に行き物件の管理状況も確認すると、通知分はラミネートされていない手書きで何が書いてあるかわからない、自転車がそこら中に散乱して止めてある、未使用な自転車がある。

さらに不動産屋さんに行ってみると、窓ガラスに張られた汚い図面、外からは営業しているかしていないかわからない状況でした。

周辺物件を調べてみて管理状態が悪い物件の多くが当該会社の管理物件だったのも驚きです。

不動産業界のIT化の波や現在の需給バランスを考慮した賃貸経営の波に完全に遅れている業者の代表例です。

今回のご相談の教訓
[check]昔ながらはもう通用しない
[check]適度に物件の状態を把握する(インターネット、現地、競合)
[check]管理会社の業務能力を把握する

事例⑨管理費の見直し

ご相談・御見積もりは無料にて行っておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional