賃貸経営、賃貸管理の日本AMサービス

不動産価値「最大化」の実現へ|賃貸経営,賃貸管理,投資用不動産の価値を追求します

事例⑥サブリース会社の賃料滞納

事例⑥サブリース会社の賃料滞納

今回ご相談を頂いたのは現在締結をしているサブリース契約の受託会社が、
数か月にもわたり賃料支払いが滞っており、サブリース会社に連絡をしても
連絡が取れない状況で、今後どのような動きをすれば良いかという相談です。

日本AMサービスからまず初動として、
・管理会社の所在地への訪問
・ネットで会社のホームページをチェック、破産等の情報がないかチェック
・サブリースを任せている物件に赴き居住者が実際いるかのをチェック
をご提案させて頂きました。

その後、サブリース会社に対して内容証明等で未納賃料の請求と
サブリース契約の解除通知を行います。

解除後は入居者の方とコンタクトを取り賃料口座の変更通知、
サブリース契約を解除した旨を通知、賃貸管理変更を行う。

一連の作業は専門性が問われる事から弁護士、新しい管理会社を交えて上で
行う事をお勧めします。

今回のご相談の教訓
[check]サブリース会社を利用する場合はサブリース会社より敷金を受領する
[check]必ず入居者の連絡先などを事前に確認を行う
[check]初動をできるだけ早く行い滞納額を増やさない

事例⑦許可なく植栽を伐採

ご相談・御見積もりは無料にて行っておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional